1. トップ >
  2. バス釣り初心者ガイド >
  3. バス釣りでのリグの種類と使い方

バス釣りでのリグの種類と使い方

ノーシンカーリグ

名前の通り、シンカー(おもり)を使わないシンプルなリグです。
ウエイト(重さ)がないので、着水後はゆっくりと沈んでいきます。
そのため、トップからボトムまで幅広く探っていくことが可能です。
また、着水音や水中での動きが自然なり、プレッシャーの高いフィールドで高い効果を発揮します。
しかし、ボトム到達まで時間がかかることや、風の影響を受けやすく飛距離が出にくいという欠点もあります。

テキサスリグ

バレッドシンカーというオモリを使用するのがテキサスリグの特徴です。
シンカーの重さを変えることにより、表層からボトムまで広範囲を探ることができます。
また、フックの先端をワームに押し込むことにより、
根掛かりが少なくなり、ストレスのない釣りができるでしょう。
基本の使い方としては、ボトムを跳ねるように動かすのが一般的ですが、
ウィードの上を泳がせたり、ストラクチャーの近くでフォーリングするのも効果があります。

スプリットショットリグ

フックから10cm〜40cm手前にシンカーをつけるのがスプリットショットリグの特徴です。
シンカーの位置によってワームのアクションが変化するので、
バスの活性が低いときはリーダーの長さを長くし、ワームの動きをよりナチュラルにするなど、
その日のバスの活性に合わせて使用できます。
また、シンカーの重さを変えると浅瀬から深場まで攻めることが可能です。
使い方は、ボトムをズル引きするのが一般的です。

ダウンショットリグ

通常のリグでは、シンカーがフックの上にくるのに対し、
ダウンショットリグでは、フックよりも下にシンカーをつけて底から一定の高さを保てるのが特徴です。
このリグは、すれたバスに対して高い効果があります。
使い方は、ロッドを小刻みにシェイクさせてワームをくねくねと動かすのが一般的です。

ジグヘッドリグ

ジグヘッドとはフックとシンカーが合わさったタイプのフックで、
そこにワームをつけたものがジグヘッドリグです。
フックがむき出しになっているので根掛かりの心配がありますが、
その分、フッキング性に優れているため確実に釣り上げたい際におすすめのリグです。
使い方は、ボトムを跳ねるように動かしたり、中層をスイミングさせるなど幅広い使い方あるので、状況によっていろいろと試してみると良いでしょう。

ネコリグ

根こそぎ釣れるのでネコリグという名前になったほどよく釣れるリグです。
作り方は、ストレートワームの先端にネイルシンカーを埋め込み、ワームの中央にます針をつければ完成です。
ダウンショットリグよりもワームの移動距離が小さいため、じっくりとバスにワームを見せることができます。
そのため、すぐに口を使わないバスに効果が高いです。

ワッキーリグ

ストレートワームの中央にます針を刺しただけのとてもシンプルなリグです。
簡単に作ることができ、よく釣れるので初心者におすすめのリグです。
フォーリングの際にくねくねとミミズのような動きをするため、
落ちていく間にバイトすることが多いでしょう。
アシ際や杭の近くをピンポイントで狙うと高い効果を発揮します。

キャロライナリグ

キャロライナリグは広大なフィールドで広いエリアを探るときにもっとも適したリグです。
シンカーを調節することで、深場でもしっかりと底とりながら引くことができ、飛距離も出すことができます。
また、リーダーラインがあるためワームの動きがナチュラルになり、プレッシャーの高いエリアでも安定した効果を発揮するでしょう。

バス釣り初心者ガイド